読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷりんすさーもん日記

新卒Webディレクター「ぷりんすさーもん」がメディアとして軌道に乗るまでの行動記録

Googleマップの「クチコミ機能」が地味に進化してたから、ローカルガイドの僕が簡単に紹介する

どもども、GoogleローカルガイドLevel4のぷりんすさーもんです。

ブラウザ版Googleマップのクチコミ投稿機能があたらしくなってたのでご紹介です。
(今回の仕様変更からGoogleの方向性がよく見えてきます)

 f:id:prince-salmon:20160612213943p:plain

 

そもそもGoogleマップのクチコミ投稿って?

Googleマップでは世界中の様々なスポットについてユーザーがクチコミを投稿することが出来ます。

普段からGoogleマップを利用している方にはお馴染みの機能ですよね。

↓ちなみに、みんな大好き「ビックカメラ有楽町店」の情報はこんな感じ
クチコミの件数が一定以上(恐らく5件以上)あれば評価の平均点も参照できます
f:id:prince-salmon:20160612182845p:plain

 

↓クチコミはGoogle検索の情報にも反映されます。(結構、辛辣なコメントもありますね…)

f:id:prince-salmon:20160612180504p:plain

 

 

Googleとしても、クチコミの投稿をユーザーに奨励していて、「ローカルガイド」という仕組みも整備しています。

f:id:prince-salmon:20160612181131p:plainhttps://www.google.com/intl/ja/local/guides/

ローカルガイドとしてLevelを上げていくと、様々な特典を受けられます。
(と言っても、大した特典ではないですが…)

食べログやRetty、Yelp、トリップアドバイザーなど、ユーザーのクチコミを目玉のコンテンツとしているサービスは多いですが、ここ1年ほどでGoogleもクチコミを集めることに真剣になってきたな、と感じます。

ローカルガイド制度もそうですが、ユーザーへのアンケート機能やGoogleフォトとの連携、投稿を促すプッシュ通知など、クチコミを集めるための施策が沢山動いているように感じます。

今回のブラウザ版Googleマップの新機能も、恐らくその一環ですね。

 

今回、Googleマップのどこが変わったの?

Googleのサービスは365日常にアップデートが行われており、細かな違いは日々発生しているわけですが、今回ユーザーの使い勝手に関わる部分で大きな変更点があったのでご紹介します。

 

「自分の投稿」にポイント数が確認できるようになった

もともとアプリ版Googleマップには存在していた機能でしたが、ローカルガイドのLevelとポイントをブラウザ版でも確認できるようになりました。

 

確認方法は右上のハンバーガーボタンをクリックしてメニューを表示して…

f:id:prince-salmon:20160612183348p:plain

 

「自分の投稿」をクリック!f:id:prince-salmon:20160612183636p:plain

 

拡大するとこんな感じ

f:id:prince-salmon:20160612183811p:plain

 

ブラウザ版の凄いところは、ここのポイントの反映が即座に行われる点。

アプリ版だと、キャッシュの関係かポイントの反映までに半日以上かかっていましたが、ブラウザ版ではクチコミや写真を投稿すると即座にポイントが加算されます。

ローカルガイドのLevelアップやポイントの獲得をモチベーションにしているユーザーには地味に嬉しい仕様変更です。

自分のアカウント画像をクリックすると、アプリ版Googleマップと同様に、ポイントの細かい内訳を確認することができます。

 

f:id:prince-salmon:20160612184628p:plain

Level表示の下には、相変わらず赤ペン先生よりもドライなコメントをGoogle先生よりいただけております。(これ絶対に棒読みだよね!)

ポイントの内訳が確認できることで、何を重点的にやればポイントが効率的に獲得できるかアテがつけられます。投稿者に投稿を促す仕様変更ですね。

  

写真を「表示回数順」に並び替えられるようになった。

アプリにはない機能も実装されました。

「自分の投稿」画面は「投稿する」、「クチコミ」、「写真」という3つのタブから構成されていますが、「写真」タブに並び替え機能が追加されました。

新しく「日付▼」という表示がでて、クリックすると並び順を選択できます。
f:id:prince-salmon:20160612190904p:plain

上記は「日付順に並び替え」を選択した表示、写真付きのクチコミが投稿日の新しい順に並んでいます。
これまでは写真の表示回数は写真左下の数値から確認はできるものの、この表示のみしかできず、どの写真が多く表示されているのかイマイチわかりませんでした。

 

f:id:prince-salmon:20160612191456p:plain

 上記は「表示回数順に並び替え」で表示した画面。

投稿したクチコミごとではなく、写真1枚1枚で並び替えられます。
僕の投稿した中で最も表示回数が多い写真は、ハンバーグの写真で「23,939回」表示されているようです。

かなりの数が閲覧されていますね。流石Googleマップ
自分の投稿した写真が2万以上の閲覧されているというのは、単純に嬉しいですね。
投稿した甲斐があります。

閲覧回数順に表示できることは、投稿者のモチベーションがかなり上がると思われます。この仕様変更からも、投稿者を気持よくさせて「この調子で、もっと沢山投稿してね!」というGoogle様からのプレッシャーを感じます(笑)

 

Googleはもっともっとクチコミを投稿して欲しい!

その他にも「遷移無しで自分の投稿したクチコミを編集可能になった」りと、大きく遷移が変わる仕様変更がありました。

いずれの仕様変更も完全に「クチコミ投稿者」向けの機能であり、「ユーザーにもっともっとクチコミを投稿して欲しい!」というGoogleの魂胆が伺えます。

(きっとこの仕様変更のKPIは「一人あたりのクチコミ投稿数」じゃないかと予想)

Google検索エンジンやモバイルOSの分野では覇権を握っているとは言え、ローカル情報やクチコミに関しては、他のサービスの後塵を拝している状態です。

1クリックで世界の情報へアクセス可能にする

出展:有名企業のビジョン | Solight

上記はGoogleの掲げるビジョンですが、上記のビジョンを達成するためにはローカル情報やクチコミについても妥協をするわけにはいきません。

今後もGoogleマップはクチコミ投稿機能を拡充し続けると思われます。
僕もローカルガイドとして、Googleマップの行方をしっかり追っていきたいです。

 

最後に古い本ですが、位置情報ビジネスについて興味のある方は、下記の新書がおすすめです。